3DSエミュレータCitraをMacで使う


3DSのエミュレータ、citraをMacで利用する方法のご紹介 XD

環境

  • OS X El Capitan (Ver. 10.11.6)
  • Citra (Ver. master-2117be4)

はじめに

Citraとはオープンソースの3DSエミュレータです。
公式サイトはhttps://citra-emu.orgになります。

コンパイル済みの実行ファイルを公式サイトからダウンロード可能です。
しかし、機能が省かれているようなので(2ch情報)、
今回はソースコードからビルドしていきます 😛

必要なパッケージ

Citraをビルドするにあたって、必要なパッケージが下記です。
Homebrewがインストールされていれば、
カッコ内のコマンドで楽々インストール可能です XD

  • pkg-config(brew install pkgconfig)
  • SDL2 (brew install sdl2)
  • Qt5 (brew install qt5)
  • CMake (brew install cmake)

Citraのダウンロード

まずはCitraのソースコードをダウンロードしてきます。
gitコマンドが使える場合はCloneしちゃいましょう。

gitコマンドが使えないのでしたら、
https://github.com/citra-emu/citraからダウンロードしましょう。


右上あたりの「Clone or download」をクリック、
「Download ZIP」からzipファイルをダウンロード可能です。
ダウンロードしたら解凍してください。

CMakeパスの設定

Qt5を今回インストールした方は、Qt5のcmakeディレクトリまでの
パスを設定する必要があります。
これをしないと、Citraがビルドできません X<

Qt5のパスを設定せずにビルドしようとすると、
上記のようなエラーが出力されるかと思います。

さて、パスの設定の仕方ですが、ここではターミナルで設定します。
下記のコマンドをターミナルで叩いてください。

エディタ(vi, nano, vim, emacs等)を使い、
profile等に下記のように設定しておくのもいいでしょう。
(下記はvimを使った例)

ちなみに、今回インストールしたqt5のバージョンが5.5.1_2だったので、
上記のようなパスになりました。
ここは自分のバージョンに合わせて適宜変更してください 😀

CMakeでのビルド

これでビルドする準備は整いました。
あとはターミナルでコマンドを叩いていくだけです 😛

まずは、カレントディレクトリを
先ほどダウンロードしてきたcitraディレクトリに変更します。

次にビルドで利用するbuildディレクトリを作成します。
ついでに、カレントディレクトリを今作成した
buildディレクトリに変更しておきましょう。

そしていよいよ、CMakeのコマンドを叩きます XD

少し時間がかかるのでゆっくり待ちましょう 🙂

Xcodeでのビルド

お疲れさまでした。
いよいよ最後のコマンドです。

おそらくですが、Xcodeが必要だと思うので
AppStoreからインストールしておいたほうがいいかもです。

上記コマンドを実行すると、Citraのアプリが生成されるかと思います。

Citraの実行ファイルは、
手順通りなら、下記の場所にあるはずです XP

おわりに

復号化したROMを吸い出し、
ビルドしたCitraに読み込ませると、Macで3DSソフトが遊べるようです XD

引用元