3DSのROMを復号化する

CFW未導入で3DSのROMを復号化する方法です。
何が起きても自己責任でお願いします。

A9LHが導入されているならもう少し簡単みたいです 🙂
不足分はbaiduあたりにあるかも。

必要なもの

  • 2DS/旧3DS/新3DS (FirmWare Ver. 4.1〜9.2) どれかひとつ
  • 吸い出した3DSのROM (*.3ds)
  • 3DSで使うSDカード (復号化されるROMをいれるため、大容量が望ましい)
  • Decrypt9WIP
  • HackingToolkit3DS
  • 解凍ソフト

はじめに

3DSエミュレータCitraは、復号化されたROMのみ遊ぶことができます。
今回はROMを吸い出したは良いものの、
「xorerとか使い方よくわからないよ」な人向けです 😛

手前味噌ですが、
xorerをMacにインストールする方法については、「xorerをMacにインストールする」にて。
Citraは「3DSエミュレータCitraをMacで使う」にて説明させていただいています XD

ちなみにSDカードですが、
最低でも空容量が2GB必要とのことです。
個人的に下記の32GBがなかなかのコスパだと思います。

【Amazon.co.jp限定】Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s) 無期限保証 TS32GSDHC10U1E (FFP)

Decrypt9WIPのインストール

下記リンクよりDecrypt9WIPのzipファイルをダウンロードしてきます。
https://github.com/d0k3/Decrypt9WIP/releases
ちなみに今回は、Decrypt9WIP all-in-one 20160626 を使用しました。

次にダウンロードしてきたDecrypt9WIPを解凍します。

decrypt9wip_import-file.jpg

解凍したフォルダ内のDecrypt9WIPフォルダを、
SDカードの3dsフォルダ内にコピペします。

ブラウザからDecrypt9を起動する場合は、
解凍したフォルダ内のLauncher.datを、SDカードのトップにコピペします。

Binファイルを置く

下記ファイルをSDカードのトップに置きます。

  • seeddb.bin
  • slot0x1BKeyX.bin
  • slot0x05KeyY.bin
  • slot0x11key96.bin
  • slot0x18KeyX.bin
  • slot0x25KeyX.bin

HackingToolkit3DSを解凍した中にある
SecretFilesフォルダ内にあるとかないとか。

hackingtoolkit3ds_import-file.jpg

ROMをSDカードにいれる

次に、SDカードのトップにフォルダを作成します。
フォルダ名は「D9Game」にしてください。

吸い出した復号化したいROMを、
先ほど作成したD9Gameフォルダに入れてください。

ROMを復号化する

3DSでDecrypt9を起動してください。

ブラウザから起動する場合は、
http://go.gateway-3ds.comにアクセスしてください。
(このURLはちょくちょく変わるようです)

decrypt9_decript01.jpg

まずは、メニューのContent Decryptor Optionsを選択してください。

decrypt9_decript02.jpg

次に、NCCH/NCSD Decryptorを選択してください。
復号が完了するまで、少し時間がかかると思います。

復号化されたROMはSDカード内のD9Gameフォルダに入っています。
あとはCitraから読み込むと遊べるかと思います XD

引用