ardour5をMacにインストール

ardour5をMacOSにインストールする方法です 🙂
結構つまづきました X<

必須パッケージのインストール

brew&finkコマンドが使える環境なら、
必要なライブラリは簡単にインストールできます。

brew

  • boost
  • fftw
  • glibmm
  • cairomm
  • pangomm
  • atkmm
  • gtkmm
  • libgnomecanvasmm
  • liblo
  • libogg
  • flac
  • libvorbis
  • libsamplerate
  • aubio
  • lv2
  • serd
  • sord
  • sratom
  • lilv
  • suil
  • curl
  • taglib
  • vamp-plugin-sdk
  • rubberband
  • libsigc++
  • cairo
  • gtk+
  • lrdf

fink

  • fftw3

上記ライブラリがardourのビルドに必要になるようです。

必要なライブラリをbrew&finkでインストールしたら、
ardourディレクトリ内のwafファイルでビルドしましょう。

ちなみに、boost1.60だとmp_defer.hppとtimespec.hppでエラーを吐いてしまい、
必要なオブジェクトファイルが生成できないみたいです。

なので、brew update && brew upgradeで
必要パッケージの更新をお忘れなく 😛

初期設定

無事ビルドが完了したらArdourの初期設定を行います。
下記コマンドを実行すると、設定を行うダイアログが表示されます。

デフォルトのセッションフォルダをどこにするかなど、
自分の環境に合わせて適当に設定してください。

設定が完了するとArdourが起動するかと思います。

通常起動

初期設定が完了すると、Ardourの起動に必要なパスも設定されるので、
次からは下記のように、直接Ardourを起動できるようになります。

参考