Wolf CMSのCKEditorをアップデートする方法

この記事を書いてる最中にブラウザが落ちて若干テンションがさがっています X<

今回はWolf CMSのCKEditorプラグインを
最新バージョンに更新する方法を紹介します。

プラグインのインストール

Wolf CMSフォーラムよりCKEditorプラグインをダウンロードして、
インストールします。

手前味噌になりますが、このブログにて
インストール手順を紹介させていただいてます。
ご参考になれば幸いです。

CKEditorのダウンロード

公式サイトよりCKEditorをダウンロードしてきます。
プラグインなどを利用したい場合は、カスタマイズをおすすめします
マニュアルインストールで1日躓きました。

プラグインを上書き

Wolf CMS中のCKEditorをダウンロードしたCKEditorに上書きします。
wolf/plugins/ckeditor/resourcesに上書きしてください。

$cp -rf /Download/ckeditor wolf/plugins/ckeditor/resources/
# 所有者・パーミッションも適宜変更

デフォルト設定の無効化

さて、このままではWolf CMSのプラグイン設定が優先されてしまうため、
デフォルトの設定を無効にします。

# ~~~~
# 省略
# ~~~~
toolbar: 'WolfBasic', //ここをコメントアウトする

CKEditorのカスタムについて

Wolf CMSのCKEditorをカスタムする場合、
wolf/plugins/ckeditor/resources/wolfckeditor.jsを編集する必要があります。

(function(ck) {
  // prevent creation of editor instances (textarea class="ckeditor")!
  ck.replaceByClassEnabled = 0;
  // don't load default config script
  ck.config.customConfig = '';
  // don't load default styles script
  ck.config.stylesSet = [];
  // don't load default templates
  ck.config.templates_files = [ ];
  // 'protect' php code
  ck.config.protectedSource = [ /<\?[\s\S]*?\?>/g ];
  
  // 設定はここのあたりに書き込む
  // ck.config.xxxxx = XXXX のような感じでconfig前にck.をつける

  //....
})(CKEDITOR);