はじめに

[email protected]という格安でVPSを利用できるサービスがあります。
契約だけしている状態だったので、せっかくなので
今話題の機械学習の勉強に使ってみようかなと思った次第です。

しかし、[email protected]のcentos7は、yum updateができません。
つまるところ、pyenvを使った環境構築ができません。
なので今回は、pyenvを使わずに進めていきます。

環境

  • CentOS 7
  • Python 2.7

ここにAnacondaとTensorFlowをインストールしていきます。
ちなみに、TensorFlowはCPU版を使います。

インストール

事前準備

TensorFlowをインストールするにあたって
必要なパッケージをインストールしていきます。

Anaconda

公式サイトからインストールスクリプトをダウンロードします。
Python 2とPython 3でダウンロードリンクが異なるので注意しましょう。

インストールスクリプトを走らせると、インストールが始まります。

Enterキーで先に進みます。

ライセンスをEnterキーで流し読みしていくと、
同意についての質問が表示されるので、yes とタイプしてEnter。

インストール先のディレクトリを指定します。
デフォルトではユーザディレクトリの直下にインストールされるようです。
各々インストール先を指定してください。

私はそのままEnterを押して、
ユーザディレクトリ直下にインストールしました 🙂

Anacondaのインストールパスを設定ファイルに書き込む場合は yes と叩きます。
PATHを設定した後、設定を反映させます。

仮想環境構築

Anacondaで仮想環境を作成して、TensorFlowをインストールします。
使用するPythonのバージョンは2.7です。

作成した仮想環境をActiveにします。

仮想環境tensorflowに、TensorFlowをインストールします。

インストール後に環境変数を設定します。

もしかしたら不要かも…?

試してみる

Pythonで下記スクリプトを実行してみます。

Hello, TensorFlow! と表示されるはずです 🙂

参考