カスタムオーダーメイドにBepInEx + しばりす2を導入する方法

環境

  • カスタムオーダーメイド 1.58
  • BepInEx 5.4.9
  • BepInEx.UnityInjectorLoader 1.5.0.0
  • BepInEx.SybarisLoader.Patcher 1.3.0.0
  • しばりす 2.2 (2018/05/16)

この記事で追加するファイル群

📂COM3D2
┣ 📂beplnEx
 📂core
┃ ┣ 📂config
 ┗ 📜BepInEx.cfg
┃ ┃ ┗ 📜org.bepinex.plugins.unityinjectorloader.cfg
┃ ┃ ┗ 📜SybarisLoader.cfg
┃ ┣ 📂patchers
┃ ┃ ┗ 📜BepInEx.SybarisLoader.Patcher.dll
┃ ┗ 📂plugins
┃  ┗ 📂UnityInjectorLoader
┃   ┗ 📜BepInEx.UnityInjectorLoader.dll
┃   ┗ 📜ExIni.dll
 📂Sybaris
 ┗ 📜Mono.Cecil.Inject.dll
 ┗ 📜Mono.Cecil.Rocks.dll
 ┗ 📂UnityInjector

一部のフォルダとファイル省略。

BepInExの導入

公式リリースページよりBepInExをダウンロードする。
ダウンロードできるファイルが複数存在するが、64bitはBepInEx_x64_x.x.x.x.zip。32bitはBepInEx_x86_x.x.x.x.zipをダウンロードする。
x.x.x.xはバージョン番号。数字が大きいものほど新しい。

圧縮ファイルを解凍し、BepInExフォルダをカスタムオーダーメイド(以降、COM3D2)がインストールされているフォルダへ移動する。

この時点で、一度ゲームを起動させる。すると、BepInExフォルダ内に必要なファイルが生成される。

任意の設定

必須ではないが、コンソール画面からログを確認できるようにしてみる。

BepInEx/config/BepInEx.cfgをテキストエディタで開く。(BepInExフォルダ内の、configフォルダ内にある、BepInEx.cfgファイルのこと)
38行目あたりの[Logging.Console]の設定「Enabled = false」を「Enabled = true」に変更し保存する。

これでゲームを起動した際に、コンソール画面が開き、ログを確認することができるようになる。

しばりす2の導入

ろだからしばりす2をダウンロードしてくる。

圧縮ファイルを解凍し、展開されたSybarisフォルダを、COM3D2フォルダに移動させる。opengl32.dllは不要

ファイルの削除

opengl32.dllの他に不要なファイルがあるため、Sybarisフォルダ内から下記ファイルを削除する。

  • ExIni.dll
  • UnityInjector.dll
  • Sybaris.Loader.dll
  • Mono.Cecil.dll

BepInEx.UnityInjectorLoaderの導入

公式リリースページより、BepInEx.UnityInjectorLoaderをダウンロードしてくる。

圧縮ファイルを解凍するとBepInExフォルダが展開されるので、フォルダ内のファイルをCOM3D2のBepInExフォルダ内へ移動させる。

ここで一度、ゲームを起動させる。すると、BepInExフォルダ内に必要なファイルが生成される。

設定の変更

BepInEx/config/org.bepinex.plugins.unityinjectorloader.cfgをテキストエディタで開く。
27行目あたりの「UnityInjector = UnityInjector」を「UnityInjector = Sybaris\UnityInjector」に変更し、保存する。

これでSybarisのUnityInjectorが読み込まれるようになる。

BepInEx.SybarisLoader.Patcherの導入

公式リリースページより、BepInEx.SybarisLoader.Patcherをダウンロードしてくる。

圧縮ファイルを解凍すると、BepInExフォルダが展開されるので、フォルダ内のファイルをCOM3D2のBepInExフォルダ内へ移動させる。

ここで一度、ゲームを起動させる。すると、BepInExフォルダ内に必要なファイルが生成される。

参考